前へ
次へ

腰痛の治療をしてもらおう

腰痛の原因では、骨や筋肉などの障害や内臓や血管などが原因となる病気、心因性の原因などが挙げられます。基本的に多いのは、腰周辺の筋肉の衰えによるものや姿勢などが悪い状態が長年続いた結果、痛みなどが生じている場合です。腰痛と一口にいっても、痛み方などの違いがあります。動くと痛む場合や動かない状態でも痛む場合もあり、痛み方によって、原因を探るというのも一つの方法です。腰痛の治療としては、姿勢や生活習慣などをチェックして自分なりに腰に負担がかからないような生活を心がけることも大切です。軽めの腰痛ならばそれだけでも、ある程度の改善がみられることもあります。また、医療機関で治療をしてもらうという場合には、薬物療法や温熱療法、牽引療法などがあり、症状によって治療内容にも違いがでてくるでしょう。悪化を防ぎ、早めに対策をして痛みを軽減していくことが大切です。日ごろの予防なども重要なため、腰周辺の筋肉が衰えないようにストレッチや筋トレなどを定期的に行うことも大切だといえるでしょう。

Page Top