前へ
次へ

体重の増加で腰痛を発症するケースもあります

前日まで痛みがあまりなかったのに、急に腰痛を発症してしまったなどの場合は、生活習慣や運動不足などを疑うことも重要になりますが、体重の増加の部分を疑ってみても良いかもしれません。これは年齢をある程度重ねている人でも、まだ年齢を重ねていない若い世代の人でも同じことが言えるでしょう。急に体重が増えてしまうことによって、普段以上に体に負担がかかってしまいます。その中で早く痛みが出るのが首と腰になります。1年以内で5キロ以上体重が増加してしまった、などの場合は、非常に高い確率で腰痛を発症してしまうケースがほとんどになるので、急に体重が増加してしまったなどの場合は、ウォーキングなどを行ってダイエットをすることによって腰痛を解消することができる場合があります。もちろん運動不足の腰痛の場合と同じで、急に激しい運動をしてしまうと、非常に体に負担がかかってしまい、腰の痛みが強くなってしまうので、運動不足の解消方法と同じように、ウォーキングをしたりまたはストレッチをしたりすることによって、徐々に腰の痛みを解消することができるはずです。

Page Top