前へ
次へ

スポーツで腰痛になったため治療してもらった話

10代の頃は、部活を頑張っていました。軟式テニス部に入っていたのですが、最初の頃は体力、筋力がついていなかったので、筋トレや走り込みなどが中心であまりボールを打たせてもらえませんでした。徐々に体力や筋力がついてきたため、ボールを使った練習などにも参加し、それなりに部活が楽しくなってきた時期でしたが、スマッシュの練習などをしていた時に、少し無理な体勢で打ったのが原因で腰痛となり病院に通うことになりました。診察を受け、消炎鎮痛剤、そして湿布をもらい、しばらくの間は部活に出ず自宅で大人しく過ごすことになりました。腰痛のきっかけは、無理な体勢からボールを打ったことですが、筋トレなどもそれなりにしていたため、筋肉疲労なども溜まっていた状態だったので痛みなどがそれなりに出てしまったようです。消炎鎮痛剤と湿布の効果で、痛みなども数日で引いてきたため悪化せずに済んでよかったです。痛みが出てからすぐに病院に行ったのがよかったんだと思います。それ以降、腰に痛みが出ないようにスポーツをやる時は無理をしないように心がけています。

Page Top